コンテンツ

トイレのつまりで水道 工事が必要になる水道修理

水道 工事による修理を要するほど重大なトイレのつまりを起こしてしまう原因の多くは、間違ったトイレの使い方をしていることによります。たとえば使用が推奨されていない材質の紙を使っていても、トイレはつまります。トイレのつまりによる水道 工事が発生する状況について知っておくことで予防にもつながります。

■トイレットペーパーに関するつまり

トイレットペーパーはトイレ用に作られていますが、大量に流すと溶けるまでに時間がかかります。そのためにいくら水を流してもうまく流れてくれず最悪逆流してしまう事もあります。同じ紙でもいわゆるティッシュペーパーは水に溶けにくいため、実際公共トイレには指定以外の紙を使わないようにと表示がされているはずです。

■紙以外を流したことによるつまり

紙以外を流すことはとても多い水道 水漏れを起こすつまりの原因です。キッチンのシンクタンクの下をのぞいてみると分かるように、排水管がとても複雑な形で設置されています。携帯電話ほどの大きなものをトイレに流せば、この部分につまりやすくなります。トイレに嘔吐したりカップラーメンの残り汁を流すと、含まれている油性分が管内の壁にこってりとこびりつきます。これが長期間続けば壁周りに汚物が蓄積されて水の流れが悪くなりますので当然つまります。

■まとめ
つまってしまった場合はまずラバーカップなどでつまり解消をしてみてください。それでも解決しない時は専門家の出番となり、費用をはらってつまり解消をしてもらうことになります。水道 工事による水道修理は最終手段です。工事となると費用は数万円になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ