コンテンツ

水道全般で自分でもできる修理

水道管交換を伴う修理はさすがにプロに依頼しなければ難しいのですが、自分でもできる修理方法や対策がありますから、ぜひ覚えてできるところは自分でやりましょう。

■配水管トラブルへの対処方法

給排水管の経年劣化による損傷は土中で起きているので、うっかり見過ごしがちです。周辺の土が常に湿っている状態になりますので、日頃から意識してみていれば異変に気付きやすくなります。排水桝も経年劣化します。特に旧式で作られているものは通常コンクリートですから、メンテナンスが必要です。最新のものは樹脂でできているものが多いので、かつてほどの破損はありません。ただしパッキンは経年劣化します。専門業者に依頼すればパッキンを交換してもらうことができますが、DIYが趣味だという人はホームセンターから部品だけを購入して修理することもできます。

■蛇口交換

屋外の立水栓や水栓柱があって日頃様々な用途で頻繁に使用していると、経年劣化します。たっている場所が庭先だと一日の半分は紫外線を浴びていますし、真冬は風雪や氷点下の寒さにさらされるのですから、経年劣化が屋内以上に早いはずです。そのために水漏れやさびが生じやすい状態です。お風呂の蛇口も経年劣化しますが、素人で修理するのはなかなか大変です。蛇口の種類も豊富ですから自分で修理したい時はホームセンターから部品を購入して交換作業になるのですが、作業が細かいので水道に関する予備知識が必要になってきます。

■まとめ
水道トラブルは種類も対応の方法も異なりますので、自分で行うと手間がかかることも多いです。自身がない場合や少しでも早く解決させたい場合は、被害を拡大させないためにも専門業者に任せる方が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ