コンテンツ

水道 修理を業者に依頼して修理してもらう時の注意点

修理を専門会社に依頼して修理してもらう時は、当然お金がかかります。法規制により住宅内部および住宅から指定距離内にある排水管の水道 修理は仮に自分たちの責任でなくても自己負担になることが多いので、なるべく無駄なお金が出ていかないように、事前に注意しておきましょう。

■自己負担になる範囲と費用

水道 修理にかかわるのは自治体管轄の水道局と専門会社です。水道 修理範囲が法規制により規定があるので、覚えておくと役に立ちます。宅地内という場合は住宅家屋から門までの間です。確実に自己負担になるのは蛇口からメーターが設置されている範囲です。メーターから門までの間は水道局になるケースと専門会社負担になるケースとがありますが、自己負担になることもありえます。門から外すなわち宅地以外の場所は水道局の管轄なので勝手に修理すると法律違反になります。

■事前確認が必要なケース

排水管は通常外に埋まっているため仮に排水管の一部が破損して水漏れしていても、気づかれる事なく見過ごされがちです。ただし水漏れを起こしていれば常に土が濡れた状態になっていますし、急に水道料金がはねあがりますから、そこで異変に気づくことが多いのです。留守がちだとそれも気づかない事もありますが、水道局から連絡がくることもあります。同じく屋外にある散水管が全開になっていないかどうかも確認してみましょう。きちんと閉めていなければ周囲が濡れています。

■まとめ
工事を伴う水道修理は安くありませから、日ごろからできる改善策はこまめにとっておくほうが賢明です。定期的に宅地内の変化に目を配っていましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ