コンテンツ

水道 修理が必要な経年劣化による排水桝の破損で水道の修理

配水管の交換など水道 修理を伴う工事の多くの原因は経年劣化による不具合です。これは土中の中で起きていますので、さすがにどうしようもありません。そうした経年劣化による水道の修理について紹介します。

■配水管の種類

配水管にはいくつか種類があります。鉄管や鉛管、ポリエチレン管、HIVP管と様々です。かつては鉄菅か鉛管が主流でしたが、少しずつさびにくいポリエチレン管やHIVP管に変わってきています。鉄管はとてもさびやすい性質があります。特に水道に塩素が投入されることで、ますますさびが顕著になったことから配水管としては使われなくなりました。
1950年代以降からポリエチレン管が一般に使われ始めたのは、耐久性および耐食性に優れていたためです。塩素の影響をほとんど受けることがないので、配水管にぴったりです。HIVP管は樹脂性なのでさびにくく加工もしやすいメリットがあります。

■水道管のつまりの原因

水道管のつまりを引き起こす原因に水道管のさびまたは配管用接着剤が関係していることもあります。築30年以上の家屋の多くにいまだに鉄管や鉛管がそのまま使われていることがあります。水道蛇口から茶色い水が出てくるようになると、明らかに鉄管や銅管が使われています。また、水道管工事では接着剤を使っての接続が施工されることがあります。特に塩化ビニルやポリエチレン管などはそうです。手抜き工事の影響で接着剤がはがれてしまうことがあります。配管工事が完了しているのに急に水道の出が悪くなった時は、手抜き工事が原因である可能性がありますので調査が必要です。

■まとめ
水道にさびが混ざっているのは見るからに健康に悪いです。かといって配水管の交換工事は多くの場合、自己負担になるのですが、地域によって補助金制度が利用できますので、メーカーに相談してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ