コンテンツ

配管の角度が違うゆえに水道 工事が必要な水道修理

水道修理が発生する要因の1つに、配管の角度が規定通りになっていないことがあります。初めからそうだったとしたら、明らかに手抜き工事もしくはいいかげんな工事がされていた事になってしまいます。あるいはリフォームの際に故意に配管の角度を変えても、水道トラブルが生じてきます。

■配管の勾配の規定

配管の勾配は規定値が定められています。この規定を守らないと後々トラブルがおきてくるのは火を見るよりも明らかです。もしも工事が必要な水道修理が発生したら最低でも1万円から2万円の出費がかかってきます。定められた規定値で施工されているかどうかは素人には分からないため、不安な場合は専門業者に調査を依頼しましょう。

■配管の勾配は絶対必要なのか

シンクタンク下をのぞくと、配管がひどく複雑な形状をしていることに疑問を感じた事がある方もいるのではないでしょうか。ストレートにした方が水の流れがよくなるように思いますし、配管がつまることもないのではないか、と感じる人は多いでしょう。しかしながら、配管の勾配がつけられたのは生活への最大の配慮がなされた結果なのです。もしまっすぐになっていると悪臭や毒虫が上がってきやすくなりますし、かえって詰まりやすくなります。水を流した時にS字にカーブしている最下部には、常にいくらかの水がたまっている状態です。底からあがってきた悪臭および虫は、この水の中をくぐらなければ上にあがってこれません。

■まとめ
配管の勾配は実にうまく考えられたアイディアです。難点は異物を流すとつまりやすい点です。勾配によるトラブルは素人では難しい水道 工事になってしまう可能性が大きいので、プロに依頼することになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ